目次

暮らし

HOME > 暮らし > 住基カード・公的個人認証サービス

本文

住基カード・公的個人認証サービス

住民基本台帳カードの交付手続

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード

「住民基本台帳カード」とは・・・

住民基本台帳カード(住基カード)とは、市町村が交付する安全性に優れたICカードです。

写真付きと写真なしの2種類があり、写真付きタイプは、さまざまな場面で公的な身分証明書として利用できます。

また、公的認証サービスをご利用することで、ご自宅や職場から様々な行政手続きができます。(公的認証サービスは、住基カードを作成した方のみ対象となります。)

申請者
  • 本人(15歳未満及び未成年は除く)
  • 法廷代理人(親権者、未成年後見人または成年後見人※詳しくはお問い合わせください。)
  • 任意代理人(入院中、長期出張中等やむを得ない理由により本人が窓口に来られないと認められる場合のみ。詳しくは、住民課村民室までお問い合わせください。)
必要なもの
  • 官公庁発行の身分証明書2点以上(運転免許証・パスポート等)
  • 顔写真1枚(上半身、無帽、正面、無背景で6ヵ月以内に撮影した縦4.5cm×横3.5cmのもの)若しくは、住民課窓口にて無料でデジタルカメラでの撮影を行っております。

    ※写真付きの住基カード希望者のみ必要。

  • 数字4桁の暗証番号(発行時に暗証番号を設定します。)
  • 印鑑
住基カードの申請方法
  • 十島村役場住民課窓口のみ。

    ※暗証番号の設定は、本人が本庁の機器でボタンを押さなければならないため、本庁でのみ申請を受け付けます。

即日で交付を受けられる場合
  • 本人がICカード運転免許証を持参し、暗証番号を確認したとき。
  • 本人が官公署発行の顔写真付きの身分証明書1点と官公署発行の身分証明書(顔写真の有無は問わない)1点を持参したとき。
後日交付を受ける場合(官公署が発行した身分証明書を2点以上持参できない場合)
  • 申請後に送付する照会書
  • 本人確認書類(住基カードの受け取りは、本人または法定代理人に限ります。)
有効期限

住基カードの有効期限は、取得してから10年間となっています。その後も、使用する場合は更新等の手続きが必要になります。

写真付き住民基本台帳カード

写真付き住民基本台帳カード

「写真付き住基カード」はこんなときに便利です。

写真付き住基カードは、運転免許証を持っていない人や返納された人などに、身分証明書として利用できます。

例えば、金融機関の窓口で口座を新規開設するとき。10万円を超える現金振り込みを行うとき。窓口で住民票や戸籍謄本等の証明書等の写しの請求をするとき。パスポートの申請を行うとき。

手数料
  • 500円
住基カードの一時停止、廃止、再発行について

住基カードは、個人情報保護のため制度面からもプライバシー対策を講じていますが、万が一、紛失や暗証番号の忘却等が発覚した場合、速やかに住民課にその旨を連絡してください。住民基本台帳システムで住基カードの一時停止処置を行い、不正利用を防ぐ事ができます。(お急ぎの場合、電話連絡でも構いません。)

また、警察に紛失届等の手続きを行ってください。

暗証番号の変更について

「住基カード暗証番号再設定申請書(住民課窓口備え付け)」を提出し、暗証番号の再設定が必要になります。

※暗証番号の設定は、本人が本庁の機器でボタンを押さなければならないため、本庁でのみ申請を受け付けます。

詳細情報
受付窓口
  • 受付窓口:住民課 村民室
  • 電話:099-222-2101
  • 受付時間:8時30分~17時15分(平日のみ)
  • 休日:土、日、祝日及び年末年始

保護シールについて

住民基本台帳カード偽造防止のために保護シールを貼付します。

目的

最近、「住民基本台帳カード」を偽造し、携帯電話や銀行口座の不正取得などに悪用される事件が発生しているため、十島村では、その防止対策として平成20年4月から同カードの券面にホログラム(偽造防止等)を施した保護シールを貼付します。

内容

見る角度によって絵柄が変わる保護シールを貼ることにより、偽造を防止し、保護シールを無理にはがすと住民基本台帳カードに「開封」と表示されます。

公的個人認証サービスの利用をはじめませんか。

公的個人認証サービスとは・・・

公的個人認証サービスとは、電子証明書を取得して、インターネットを通じて行政手続き等を行うサービスです。インターネットで他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を、全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供するものです。

この公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅などのパソコンから様々な行政手続き等を行うことができます。

※利用するには住民基本台帳カードとICカードリーダライタが必要になります。

電子証明書の取得

電子証明書とは、インターネットを利用したデータのやり取りにおいて、電子上の身分証明書(運転免許証・パスポート等)のように本人確認の役割を果たすものが電子証明書と呼ばれています。

電子証明書は、他人に不正使用されないよう市区町村窓口で利用者本人の住民基本台帳カード(住基カード)に記録されます。

(発行交付手数料として、住基カードは500円、電子証明書の手数料は500円必要となります。)

必要なもの
  • 電子証明書発行申請書(住民課窓口にあります。)
  • 住民基本台帳カード
  • 官公署発行の顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート・顔つきの住民基本台帳カード)
  • 印鑑(認印をご用意ください。)
申請者
  • 本人(代理申請の場合は委任状が必要です。)
公的個人認証サービスの申請方法
  • 十島村役場住民課窓口のみ

    ※本人が入院中等やむを得ない理由により代理申請を希望される場合には、諸条件がありますので、事前に住民課までお問い合わせください。

有効期限

電子証明書の有効期限については、電子証明書を取得してから3年間有効となり、その後も使用する場合は更新の手続きが必要になります。

公的個人認証サービスはこんなときに便利です。

e-Tax(国税電子申告・納税システム)を使用して、自宅のパソコンから確定申告等の申請ができます。また、鹿児島電子申請共同運営システムでは、住民票等の申請手続ができます。

(受け取りは住民課窓口又は出張所窓口での受け取りとなります。)

手数料
  • 500円
ICカードリードライタの入手

電子証明書を使用するには、ICカードリーダライタが必要になります。家電量販店等で購入できます。

注意事項

※公的個人認証サービスを使用するには、パソコン及びICカードリーダライタ等のパソコン環境をそろえる必要があります。

※パソコンの機器によっては、電子申請ができないものがあります。

詳細な情報
受付窓口
  • 受付窓口:住民課 村民室
  • 電話:099-222-2101
  • 受付時間:8時30分~17時15分(平日のみ)
  • 休日:土、日、祝日及び年末年始