租税教室

 鹿児島市にある十島村役場に税務署の「安藤広報官」を招き,

テレビ会議システムを活用して,役場と村内の小・中学校をつな

いで税金について学習する「租税教室」が実施されました。

 はじめに安藤さんから,税金の使い道に説明を受け,税金の

種類を確認しました。

 「どんな種類の税がありますか。」という問いに,本校の生徒が

「関税」と発表したときは「そういう角度での見方もありますね。

なかなかいい答えですね。」とほめられていました。

DSCN1514.JPG   DSCN1515.JPG

 次にDVDを観て,税がない社会と税のある現在の社会を比べました。

もしも,税がなかったら,

1 道路が傷んだままで,整備されてない。

2 年金がない。

3 学校に行くことができない。

4 子どもも働かなければならない。

5 治安が悪くなり,泥棒が出没したときも警察が出動しない。

6 消防車が出動しない。

などを確認していました。

 また、代わる代わる1億円の見本を手で持ってみました。

1億円は重たい、1千万円は大金だけど大した量ではない

などと言っていました。

DSCN1516.JPG

学習後の生徒の感想

1  税金の大切さを知ることができてよかった。

2  税金について,たくさん知ることができた。これからの生活で意識し

  ていろいろなものに感謝しながら,いろいろな物を大切に使おうと思

  った。

3  税の大切さについて学んだ。税がないと生活が成り立たないことが

  分かった。大人になったら,しっかり税を納められるようにしたい。

4  税は国のためにあると思っていたが,警察官や消防士のお給料に

  もなっているので大切なものだと思った。

5  税は,私たちが生活をしていくために欠かせないものだと感じた。将

  来,税を払うようになったら,しっかりと納められるようにしたいと思った。

小宝島小中学校 校章.jpg

山海留学生募集中!

 小宝島小・中学校では,山海留学生を募集しています。

隆起珊瑚の島,小宝島で学んでみませんか?

詳しくは十島村教育委員会ホームページをご覧ください。

http://www.tokara.jp/education/kyouiku.html#ryugaku

 

検索

この記事について

このページは、小宝島小中学校が2017年6月21日 17:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「十島ファミリー劇場 in 小宝島」です。

次の記事は「水泳大会(7月3日 月曜日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ