学校行事の最近の記事

みやま「おとどけコンサート」。

28日土曜日 船はお昼ごろ到着。miyama01.jpg

今回も「すばらしいもの」が届きます。

ものというより「人たち」ですね。

小雨が落ちる曇り空の中,たくさんの島民が
miyama02.jpg
港でお出迎え。

無事接岸し,タラップを降りる5人の男女。

小宝島は初めてだそうです。

若い女性2名。ベテランな感じの男性3名。
miyama03.jpg

実は,この方たち,昨年10月4日に来島予定だった
のですが,台風18号の通過で延期され,その後も
なかなか機会に恵まれず・・・。

そして今回も全国的に荒れ模様の天気。島への下り
の船は何とか出港するけど,帰りの便はどうなるか,
いつ帰れるか分からない・・・そんな船で来てもらえる
ハズはない・・・。と思っていたら,来られました。

歓迎! ようこそ小宝島へ。
miyama04.jpg

13時間の船旅,おつかれさまでした。

帰りの便については,かなりの覚悟をして乗船された
そうです。でも,「子どもたちが待っている,行こう。」と
出発を決意したとのこと。

ありがとうございます。(感謝,感激,言葉にできず)
というわけで,5名の方が来校。
miyama05.jpg

今回の目的は「おとどけコンサート」。

霧島市の「みやまコンセール」から4名の
音楽家の方々,もう1名は十島村役場から
今回のコンサートの担当者の方が来島。

今回の企画は,十島村の各島で毎年1回行われている
「十島ファミリー劇場」という音楽・芸能鑑賞事業の一環
miyama06.jpg
で実現しました。2年前,この事業でプロの音楽家の
演奏を聴いてから,ぜひ,また音楽の生演奏を・・・。
と,願っていたら実現しました。

今回来島された方々は,
井ノ上綾香さん(ピアノ)
外山友美さん(トロンボーン)
瀬戸口浩さん(声楽・バリトン)
幸多優さん(司会・サクソフォン) の4名。

17:00 開演。
miyama07.jpg

司会の簡単な説明のあと,第1曲目は
トロンボーン。
目の前での演奏は迫力満点。
すごく響きました。

続いてサクソフォン。
おなじみのメロディーでも,生演奏は格別。
音が全身にしみこんでいく感じ。
miyama09.jpg

視聴する側も真剣です。

滅多にない鑑賞会に,大人も子どもも
1曲1曲に集中していました。

バリトン歌手の声が体育館いっぱいに
miyama08.jpg
響き渡り,圧倒されました。

声の強弱,抑揚などが曲ごと,場面ごとに
自在に変化し,からだの動きでも表現され,
とにかく,すごかったです。

プログラム前半のプレイリストは次の通り。
1 テディー・トロンボーン(H.フィルモア)
miyama10.jpg
2 情熱大陸(葉加瀬太郎)
3 むりしてスーパーマン(阪田寛夫・大中恩)
4 愛の夢(F。リスト)
5 トロンボーン協奏曲 第1楽章(L.グレンダール)
6 チェロソナタ第1番 第1楽章(A.ヴィヴァルディ)
7 ブリヤンスより第1楽章(I.ゴトコフスキー)
8 待ちぼうけ(北原白秋・山田耕筰)
9 ふるさとの四季(源田俊一郎)

途中,演奏で使われている楽器や曲に
ついての説明などもあり,みんな興味深く
聞いていました。
miyama11.jpg

トロンボーンにはいくつかの種類があること
や音階は自分の感覚で決めて管をスライド
させることなど,勉強になりました。
また,トロンボーンの起源だといわれる
サックバットという楽器も実際に演奏して
いただき,音色の違いに納得しました。

休憩をはさんで後半の部。曲目は次の通り。
miyama13.jpg
10 英雄ポロネーズ(F.ショパン)
11 アイナの歌(P.スパーク)
12 闘牛士の歌~歌劇「カルメン」より~(C.ビゼー)
13 チャールダーシュ(V.モンティ)
14 ハッピートロンボーン(R.アレス)
15 あこがれの夏(K.ロペス・R.ロペス)
16 レット・イット・ゴー(K.ロペス&R.ロペス)
17 花は咲く(岩井俊二・菅野よう子)
18 夢の世界を(芙龍明子・橋本祥路)

楽譜を見ないで「英雄ポロネーズ」を弾いた
miyama14.jpg
井ノ上さんは,長いときは,1日8時間くらい
ピアノの練習をするそうです。
すばらしい演奏でした。

去年流行した「レット・イット・ゴー」,
震災からの復興を願って作られた
「花は咲く」では,涙が出そうに。

そして,最後は児童生徒が加わっての
miyama15.jpg
合唱「夢の世界を」です。

1か月くらい前から,この日に向けて音楽の時間
などに少しずつ練習していました

13人という少ない人数ですが,一人一人
声を出し,体育館いっぱいに歌声が響き
ました。

あっという間の2時間。
miyama16.jpg

とても充実していて,こんなにすばらしい
感動の時間を過ごせて,満足感いっぱい。

みなさん,本当にありがとうございました。

今回のことは,ずっと忘れません。

3学期が始まりました。

明けまして おめでとうございます。1stday01.jpg
本年も小宝島分校をよろしくお願いします。

1月8日(木)に始業式を行い,無事
3学期がスタートしました。

家庭の都合で,数名の児童生徒がまだ帰島して
おりませんが,子どもたちは元気に登校し,
2週間ぶりに児童生徒・先生たちが顔を合わせ
ました。
1stday02.jpg

代表の児童が冬休みの反省と3学期の
抱負を作文にして読みました。

どの児童生徒も,まずは生活のリズムを戻すことから
始めましょう。

教頭先生からは,3学期はあっという間に
過ぎてしまうことと,バスケットボールの
試合で逆転負けしたときの体験から,
1stday03.jpg
「最後まで気を抜いてはいけない」という
お話がありました。

1学期,2学期と,様々な活動や学校行事
で大成功だった分校の子どもたち,最後
までこの調子で修了式を迎えたいところ
です。

みんなで力を合わせて頑張りましょう。



生活科・総合発表会。

12月10日(水)「生活科・総合発表会」でした。hapy02.jpg

生活科や総合的な学習の時間に調べて
きたことを全体の場で発表する時間です。

島内放送で呼びかけたので,たくさんの人が
参観にきました。
(子どもたちは緊張でドキドキしたそうです)

子どもたちは,4月にテーマを決めて,
hapy01.jpg
約半年間かけて,本などで調べたほか,
物を栽培・採取したり,島民に質問を
したりして,まとめてきました。
まず,小1です。ペープサートとよばれる
紙の人形を使った人形劇で,アサガオの
栽培の記録を発表。よくできていました。
続いて小3~中2の発表です。パソコン
を使ってのプレゼンテーションでした。
hapy03.jpg

水族館やハブセンターに質問の手紙を
送って,疑問を解決した児童もいました。
また,手作りの地図を使った説明も。
児童生徒が発表したテーマは次の通り。
「アサガオのせいちょう」
「トカラハブのひみつ」
「発電の種類」
hapy04.jpg
「小宝島の魚」
「タカラガイについて」
「ウミガメのふしぎ」
「小宝島の動植物」
「小宝島の生き物」
「ハブについて」
「トビウオのひみつ」
「ルリタテハについて」
「十島村の伝説と言い伝え」

質問やインタビューに協力してくださった
島民や関係機関方々,本当にありが
hapy05.jpg
うございました。

Rachel先生,ありがとう。

12月9日(火),ALTの先生が来校。rach00.jpg

もともと6月に予定されていた訪問でしたが,台風で
フェリーが欠航,2回延期されて,ようやく実現。

Rachel先生が分校を訪れるのは2度目で,
約1年ぶりです。到着後,ミーティングを
したらランチルームでschool lunch。
チョップ・スティックスも上手に使っておられました。
rach01.jpg

昼休み,児童生徒がYakyuに誘ったらしく,
こんな感じです。
おいおい,13時間の船旅でお疲れなんだゾ。もう~。
最後はピッチャーまでやっていただきました。
子どもたちとは,すぐに仲良しに。

5時間目の授業は小中合同の英語活動。
簡単な自己紹介のあとは,英語でジャンケンをしたり,
rach03.jpg
動物や食べ物などの英語の発音を聞き取って点数を
競うゲームなどをして楽しみました。
また,後半はクリスマスカード作りをしました。

6時間目は小5,6年生と中学生で英語の学習。
いろんな数字を英語で言ったり,英語でトランプ
をしたりしました。


rach04.jpgそして,放課後・・・。

またまた子どもたちは先生を誘って
体育館へ。1時間ほどドッジボールでした。
最後に,お別れのあいさつをしましたが,
Rachel先生も「また来たいです。」と
rach05.jpg日本語で返事。

そして,Rachel先生からは,ステキな
クリスマス・プレゼント。WOW。
先生,ありがとうございました。
おいしかったで~す。

Rachel先生,2月に予定されている3度目の
訪問も楽しみにしています。

弱い自分に負けない心。

12月8日(月)は「持久走大会」でした。jik01.jpg

4日(木)に予定されていましたが,雨雲と台風並みの
強風が島を通過し,翌週にまで延期になっていました。

今年は,どの児童生徒も大会前の練習に
意欲的で,休みの日や体育で試走をした日
の放課後まで走っていました。
jik02.jpg

まず,小学1~4年生までがスタート。
すごい勢いで学校前の道路を通過。

「接岸港折り返しコース」は,約1700m。
トップのKくんが2位に差をつけて折り返し。
最後までいいペースで力走しました。
jik03.jpg

続いて,小5・6年生と中学生がスタート。
小学生は「島1周」の約2.2km。
中学生女子は「島1周&湯泊」で約3km。
中学生男子は「島2周」の約4.3kmです。

途中,小雨がぱらつきましたが,風も弱く
比較的走りやすい条件でした。
そして,ゴール。最後に結果発表。
jik04.jpg
期待されていた小4のKくんのタイムは・・・。
大会新記録まで「あと1秒」でした。残念。
自己新記録を出した児童生徒もいました。

終ってみると,大会予定日だった8日の前日の
7日に試走したときのタイムがすばらしく,本番では
不本意な結果になった人が多かったようです。
今回の悔しさをバネに,来年はもっと練習して,
みんなが記録を伸ばせたらいいですね。
しかし,児童生徒の頑張りに関しては,文句のつけようがないくらいでした。

沿道で応援してくださった島民や保護者のみなさん,ありがとうございました。

分校参観日は「人権教室」。

12月3日(水)は分校参観日でした。jink01.jpg

特別活動室には保護者や島民のみなさん

この時期は校内人権週間にあたるため,
「人権教室」と題して人権について考える
授業を参観していただいております。
jink02.jpg

まず,全員で「友だちはいいもんだ」を合唱。
3週間ほど前から練習していました。
朝の会や帰りの会で,どのクラスからも
元気な歌声が聞こえていましたよ。

次は,小・中に分かれて,人権に関する
ビデオを視聴し,感想を出し合いました。
jink03.jpg

最後は,児童生徒が考えた「人権標語」を
発表です。どれも友人や周りの人のことを
思いやる内容となっていました。

これからもみんなで仲よくすごしてくださいね。

これぞ「推敲」。

中学1年で国語の研究授業でした。suikou01.jpg

今回の課題は「推敲」。

「学校案内のリーフレットを作る」が最終目標です。

まず,「推敲」という言葉の意味について,
動画を視聴して理解しました。
suikou02.jpg
(なるほど~。生徒も参観者もみんなで納得。)

次に,推敲の観点や方法について,確認を
してから,先生が用意した「子宝島の紹介」
のリーフレットを推敲。

数か所をわざと間違って作ってありましたが,
生徒たちは気付いて,訂正することができました。

そして,自分が書いた文章を推敲します。
suikou03.jpg
「うーん,なかなか難しい。」
自分の書いた文には,鉛筆が止まってしまいます。

しかし,絶妙な先生のサポートにより,
何とか推敲を終えることができました。
最後に,この時間に推敲した部分を発表。

生徒たちは推敲前の文章が「主観的」で
suikou04.jpg
あったことに気付き,学校紹介のリーフレット
に求められる「客観的」な表現に直す必要性
を学びました。

今回の授業の成果は,これからの学習や
作文を書くときにも生かされることでしょう。

テスト前の忙しい中,授業を提供してくださったI先生,本当にお疲れさまでした。


火事に気をつけよう。

11月12日(水)kasai1.jpg
火災に関する「避難訓練」を行いました。

4月の「避難訓練」(地震・津波)は,児童
生徒に事前に知らせずに行いましたが,

今回は,火災の原因や対処法,注意点
kasai2.jpg
などを学んだあと,避難訓練をしました。

授業中に「理科室から出火」という想定
で校内放送を聞き,各教室から避難。

「お か し も」を守ってスムーズに校庭に
移動。短時間で避難完了です。
校庭では小宝島の消防団の方から消火器
kasai3.jpg
を使った初期消火の方法について,お話を
聞きました。

火が小さいうちは消火が可能ですが,
天井まで炎が上がっている場合は,
逃げる方が安全のようです。

代表で3人の先生たちが消火器を使った
kasai4.jpg
消火訓練をしました。

これからの季節,空気が乾燥し,火を使う
機会も増えてきますが,
「自分の命は自分で守る」を忘れずに,
まずは火事を起こさないことを第一にして行動してほしいと願っています。

文化祭2014

11月6日(木) 文化祭でした。bks01.jpg

まず,小学生たちによるオープニング。
元気な「はじめのあいさつ」で開会。

続いて,児童生徒全員による合唱と合奏。
今年は「翼をください」を歌い,「島唄」を
合奏しました。

小学校のS先生が指揮,中学校のM先生
がピアノの伴奏。
子どもたちの歌声が体育館に響きました。

そして,毎年恒例のピアノ発表。

bks06.jpg
「ミッキーマウスマーチ」
「いつも何度でも」
「ソナチネ no.7」
「エリーゼのために」
「星空のピアニスト」 などの曲を披露。
保護者による演奏もありました。

今年は未就学児による発表も加わり,
bks05.jpg
合奏は「大きなたいこ」と
「おもちゃのチャチャチャ」でした。
特に「妖怪ウォッチ」の踊りがかわいすぎ。
ちびっ子たち,ありがとう。

中学生のAさんによる「ホームステイの報告」
をはさんで,小学生の発表です。
今年は「群読」。
bks04.jpg
「心を合わせて~群読祭りじゃ~」と題して
早口ことばや掛け合い,問答などを
リズムカルに強弱をつけて次々と披露。
難しいことばや言い回しもスラスラと言え,
小学生とは思えないほどの完成度でした。
会場の大人たちもびっくり。

島民の方の「歌謡ものまね」が入り,
bks07.jpg
次は,全児童生徒による劇
「笑顔でこの世界を平和にするのだ」です。

日常の生活でみんなが笑顔になる場面を
おもしろくアレンジして演じ,会場の参加者を
だんだんと笑顔に変えていきました。

途中,子どもたちがデジカメで撮影していた
bks08.jpg
島民の方々の笑顔もスライドで流され,
島民全員が参加した内容になりました。
そして,最後はダンス。
EXILEのChoo Choo TRAIN。
オリジナルの振り付けも入り,カッコイイー。
とっても盛り上がりました。

婦人部の発表は,「磯貝さんの里帰り」。
bks09.jpg
大ブレイク中のアレです。
小宝島でも「ダメよ~,ダメダメ」を連発。
続いて,先生たちによる劇「心をひとつに」。
アリの格好をして会場を巻き込んでの熱演。
これらの写真は残念ながらお見せできません。

次の中学生の出し物も充実。
「喜努相学~ことばの宝箱~」と題して,
普段使っている故事成語や外来語の由来,
bks10.jpg
エピソードを劇にして表現。
「矛盾」や「バイキング」,「バーベキュー」や
「完璧」,「笑う門には福来たる」などの言葉
を取り上げました。

「バーベキュー」が「豚の丸焼き」という意味だって
知ってましたか?

盛りだくさんで,バラエティに富んだ内容となった今年の文化祭。スローガン
「笑顔いっぱい 輝け小宝」の通り,みんなが笑顔になれた3時間でした。
参加者のみなさん,ありがとうございました。

食欲の秋。

今日は「体験活動」の日でした。act01.jpg

総合的な学習の時間に「郷土を知る」という
項目があり,毎年,島民の方を講師に迎えて
郷土料理や郷土工芸品をつくる活動をして
います。

そこで,今回は「ピーナッツ豆腐づくり」です。
さらに「黒糖ピーナッツ」にも挑戦。
act02.jpg

まず,講師のTさんから作り方の説明をして
いただきました。

豆腐用の豆は前日から水につけておき,
その皮をむきます。一方で,ピーナッツを
フライパンで炒る作業も同時進行。

皮をむいたら水を加えて,ミキサーで細かく
act03.jpg
したあと,ガーゼでこし,片栗粉を混ぜて
加熱します。しばらくすると,プルンプルンの
豆腐が完成。カップや容器に入れて,
冷蔵庫で冷やすとさらにおいし~ぃ。

その一方で,炒ったピーナツの皮をとり,
少量の水で溶かした黒糖の液に入れて
加熱。しばらくかき混ぜると,黒砂糖が
煮詰まって,とても香ばしいにおいが。
act04.jpg

薄く広げて冷ませば,黒糖ピーナッツ
の完成です。

ピーナッツ豆腐も完成し,子どもたちは,
自分で持ってきた醤油やポン酢など,
様々な味付けで,おいしく食べました。

今回の「体験活動」も大成功。ごちそうさま
でした。指導してくださったTさん,本当にありがとうございました。

検索

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち学校行事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは子どもたちの様子です。

次のカテゴリは皆既日食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。