9月26日(火),十島村の小・中学校の栄養教諭と学校薬剤師が来校し授業を行いました。3時間目は学校薬剤師による「薬物乱用防止教室」。シンナーや覚醒剤の恐ろしさ,たばこが自分や身のまわりの人に与える影響など,写真を見ながら分かりやすく説明してくださいました。また,児童生徒は,薬物使用を誘われた時に,絶対断ることが大切だということが分かったようです。

4時間目は栄養教諭による「小学生への食育指導」。「朝ご飯について」学習しました。朝ご飯はどんな役割を担っているのかを考えた後,自分の考えた献立の発表です。4名それぞれが,栄養バランスのとれた献立をたててくれました。児童は,今まで朝ご飯を食べて来ない日もあったようですが,朝ご飯の話を聞いて毎日食べてくるようになりました。

5時間目は栄養教諭による「中学生への食育指導」。「おやつについて」学習しました。1日におやつをどのくらい食べるかを発表した後,おやつの役割や食べ方について考えました。美夕さんは,おやつは考えて食べないといけないなと感想を述べてくれました。

児童生徒は,薬物の恐ろしさや毎日の食について学ぶいい機会になったようです。今日学んだことをしっかり実生活に生かしてほしいです。

平島小・中学校では,栄養教諭や学校薬剤師が来校した際,薬物乱用の恐ろしさや食についての指導をします。他にもALTやスクールカウンセラーが来校した際の学習も,児童生徒にとってよい刺激となっているようです。離島であっても,たくさんの方にお越しいただいて,学習の機会を設けるように工夫しています。

  

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月23日(土),十島村「ファミリー劇場」が行われました。今回は鹿児島市から2人の一流ミュージシャンをお迎えして,島唄を聴いたり,一緒に踊ったり,歌ったりしてとても楽しい音楽ライブとなりました。特に,平島小・中学校の校歌を,ピアノの伴奏で島唄で歌っていただいた時は,本校の児童生徒だけでなく,本校出身の島民の方々にとってもうれしかったようです。また,小学5年の檜さんは,児童生徒代表として三線を初めて演奏しました。県外出身の児童生徒にとって,三線の音を聞き,ボリュームのある島唄を生で聞くことさえも初めてで,鹿児島の伝統の音楽を生で聴く貴重な経験となりました。鹿児島には他にも鹿児島ならではの楽器や歌があります。県外出身の本校の児童生徒にこれからも鹿児島の文化や歴史に,大いに触れて鹿児島を肌で学んでほしいです。

 平島では,島外から来られた方々から,様々なことを学ぶことができます。今回は島唄でしたが,他にも薬剤師による薬の話や人権についての話など,多くの分野の話を聞くことができます。経験からの知識を豊かにするいい機会になっています。

      

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月20日(水)に「土とふれ合おう」で,花植えの準備と草取りをしました。今回は春に咲く花を植えるために,草取りや土の入れ替えを行いました。作業分担はこどもたちで話し合い,作業をスムーズに進めていました。「プランターを1人5個は完成させる」という先生が出した目標はすぐに達成し,全員で合計31個のプランターの土を入れ替えることができました。2回の台風で,夏・秋の草花がほとんどやられてしまい,学校がなんだか寂しい感じがしています。でも,みんなで頑張った分,春になればまたたくさんの花で囲まれた学校にすることができそうです。今年は,小学校の卒業式もありますので,たくさんの花が咲くといいです。

平島小・中学校で私たちと一緒に,花いっぱいの学校にする方法を学んでみませんか。大変だけど,花がいっぱい咲くと,とてもうれしいですよ。

IMG_0263.JPG IMG_0264.JPG IMG_0282.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

9月20日(水)のタイラの時間は「跳ぶ日」でした。今回は5人全員で,縄跳び運動で八の字跳びや長縄跳びを行いました。平島小・中学校が取り組んでいる「チャレンジかごしま」の種目の1つでもあります。人数が少ない分,跳ぶ順番がすぐに回ってくるため,子どもたちは苦戦しているようでした。子どもたち同士で作戦も立て, 今回は22回も跳べました。次は,30回を目標に跳んで見ようと,みんなで話をしていました。次が楽しみです。

 平島小・中学校では,小規模校でありながら様々な活動に取り組んでいます。平島小・中学校で私たちと一緒に,長縄跳びに挑戦してみませんか。苦手な人も,すぐに跳べるようになりますよ。

 IMG_0248.JPG IMG_0250.JPG

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 9月8日(金)に,「健康タイム」がありました。健康タイムとは,普段は読書や委員会活動を行っている8:15~8:25の「朝活動」の時間帯に,健康について考える指導を月に一度行っています。毎回,養護教諭が様々な資料を準備して,健康について子どもたちに考えさせてています。今回は,「熱中症について考えよう」というテーマで,子どもたちだけでなく,私たち教員にとっても大変勉強になる内容でした。特に,熱中症の症状について問われた際には知り得る知識をしっかりと発表するなど,子どもたちも熱心に話を聞いている様子でした。まだまだ暑い日が続く中,運動会練習も毎日行っているので,熱中症には十分に注意して過ごしていきたいです。

 平島小・中学校では,月に一度「健康タイム」を実施し,子どもたちと一緒に健康について考える機会を設けています。健康は,生涯においても一番身近で大切なことでもあります。健康について見直し,明るく元気に健やかに毎日を過ごせる子どもを育てたいと思います。

健康タイム③.jpg  健康タイム②.jpg  健康タイム①.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 2学期が始まり,早くも1週間が経ちました。まだまだ残暑厳しき折ですが,17日(日)に行われる秋季大運動会に向けて,本格的な練習を頑張っています。特に,平島ソーラン節,平島太鼓は,平島小・中学校の伝統,鳴子を使ったり法被を着たりと,とても魅力的で迫力のあるものになっています。児童生徒にとっては最大の見せ場です。また,応援団は5人全員で「平島応援団」として,紅白関係なく協力して演舞を行います。元気で力強く,そしてユーモアたっぷりの楽しい演舞ができるよう,団長を中心に練習に励んでいます。今年の第58回秋季大運動会が大成功をおさめられるように,児童生徒,職員全員で最後まで力を合わせて頑張ります。

 平島小・中学校の運動会は,学校関係者だけでなく,島民も全員参加しての大きな行事になります。もちろん,島外の方の参加も大歓迎です。ちょっとだけ台風の動きが気になるところですが,ぜひ一緒に運動会を盛り上げて楽しい時を過ごしませんか。今年は,名瀬2泊便になりますので,平島で過ごす時間がゆっくりと取れます。来島をお待ちしています。

運動会練習②.jpg 運動会練習①.jpg 運動会練習③.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 旧暦の7月7日から16日(今年は、8月28日(月)~9月6日(水))までの10日間、平島の盆踊り「宮鶴女」(大庭踊り」と「小踊り」が行われました。子どもたちや職員も全員参加で、10日間よくがんばりました。28日からの始めの7日間は、「大庭」で、「宮鶴女」(大庭踊り)を行いました。だいたい1時間から1時間半ほど、平安時代から歌い継がれていると言われる「唄」に合わせて大庭を回ります。昔は、踊りながら回っていたそうですが、今は輪の中心にご先祖様をお迎えするために輪を作るという形が残っています。2時間近く回ると、後半はさすがに足が疲れてパンパンになりましたが、平島のご先祖様をお迎えしていると思うと、平安調の唄と共に厳粛な気持ちになることでした。

 そして、最後の3日間は、「大庭踊り」の前に「小踊り」が行われました。これは、午後5時から始まりましたので、職員は、学校が終わると同時に大庭に駆けつけ、その後大庭踊りが終わるまで、午後8時近くまで行事に参加しました。もちろん、子どもたちも頑張りました。さすがに、最後の方は疲労が次の日まで残るという職員もいましたが、平島の伝統行事をやり遂げたという満足感は心地よく残ることでした。小踊りは、「テラ」→「平島神社」→「トンチ」(昔、平島にやってきた平家の方々の中心の一族が住んでいた家3軒。今は2軒)→「大庭」の順に回って踊ります。

  

  

 

 左上から、「テラ」、「墓」(ここでは踊りません。)、「平島神社」、「大庭」2枚での踊りです。最後の写真は、踊りで使った「ドッシン俵」を大庭のガジュマルの木に向かって投げるところです。うまく引っかかると、願いがかなう?と言われているようです。今年も、1回で引っかけた子どももいれば、10数回投げて、やっと引っかけられた大人もいて大いに盛り上がりました。また、来年の盆踊りを楽しみにしたいと思います。

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

 9月1日(金)に,みんなそろって元気に2学期がスタートしました。2学期から山海留学生として「平島寮」で暮らしながら学校に通うことになった転入生を含めて,5人の子どもたちと私たち教員7人,給食調理員3人,合わせて15人の平島小・中学校が本格的に2学期の活動を始めました。

 この夏休み,自分のふるさとに帰り,また違う経験をしてきた山海留学生。十島村の海外留学制度によって,オーストラリアで貴重な体験をしてきた子。祖父母の元で,楽しい夏の思い出をつくってきた子。そして,住み慣れた土地を離れ,山海留学生として平島にやってきた子。それぞれの夏があったようです。職員も,元気にこの夏,多くの研修を積み,2学期に向けてのエネルギーを蓄えました。

 さて,2学期には運動会,学習発表会,持久走大会などの行事がたくさんあります。一日一日を大切に,一歩ずつ確実に前に進んでいきます。みんな笑顔で,2学期の終業式が迎えられるように,楽しく元気に過ごしていきます。2学期も,平島小・中学校をよろしくお願いします。